お知らせ

tel:03-3690-7203

足立区綾瀬 坐骨神経痛しびれの原因

2018-12-03 [記事URL]

坐骨神経痛しびれの原因となる主な疾患は

腰のあたりから足の爪先まで伸びている坐骨神経は、人体のなかで最も太くて長い末梢神経です。
この坐骨神経が何らかの要因で圧迫されるなどの刺激を受けると、腰・腎部・太もも・ふくらはぎ・足の先などにしびれや痛みが生じます。
このように鋭く電気が走ったような痛みや、ピリビリとしたしびれ、また強く張っている感じなどの症状を引き起こすのが坐骨神経痛です。
ただ症状を引き起こす原因がはっきりと特定できる場合には症状のひとつとして扱われますし、検査をしても原因が見当たらない場合には病名となります。
例えば、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの疾患で症状が起こっている時には、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名になって、坐骨神経痛しびれが症状ということになるのです。
実際、原因の疾患が比較的見つかりやすいために、病名ではなく症状として扱われることが多くて、坐骨神経が圧迫される原因が分からないことによって生じる神経痛を総称して坐骨神経痛と言います。

坐骨神経痛しびれの原因となる主な疾患としては、腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・変形性腰椎症などがあります。
腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨を構成する椎体と椎体の間で、クッションの働きをする椎間板という軟骨が、はみだしたり飛びだしたりして神経を圧迫する疾患です。
中腰や前かがみなど同じ姿勢を長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりすることで発症する危険性があります。
腰部脊柱管狭窄症とは、背骨の中央にあって馬尾神経が通っている脊柱管が狭くなる疾患で発症するのです。
発症すると馬尾神経が圧迫されるので、腰の痛みや足のしびれなどの症状を引き起こします。
ちなみに、先天的な原因の場合もありますが、多くは加齢で腰椎が変化して脊柱管が狭くなってしまうために起こるのです。
変形性腰椎症とは、腰椎の形が変形して神経を圧迫して腰に痛みや足のしびれを引き起こす疾患で、加齢・同じ姿勢を長時間続ける・運動などで腰に過度の負担をかけることが原因としてあげられます。
また、脊柱管狭窄・腰椎分離症やすべり症・梨状筋症候群・外傷による圧迫・帯状疱疹・カリエス・腫瘍・糖尿病・アルコール依存症・喫煙・ストレスなども原因としてあるのです。

坐骨神経痛しびれを改善するには、なるべく重いものをもたない、長時間同じ姿勢をとらない、激しい運動はさける、肥満を改善するなどがあります。
また、安静にする、腰周辺の筋力をつけるなども改善対策としてあげられますし、ホットパックを利用したり温浴したりして患部を温めると痛みが和らぐこともあるのです。
ただ原因となる疾患で改善法は違いますし、間違った改善法で悪化する危険性もあって、悪化すると歩行が困難になる、座っていられない、排泄障害など重篤な症状を引き起こすものもあります。
ですから、原因を正しく早期発見して治療することがとても大切です。
また激しく痛む、安静にしていても痛い、日々痛みが増してくる、発症から1週間以上経っても痛みやしびれが続く、下肢に力が入らないなどといった症状がみられる時は、病院を受診して検査をしてもらいましょう。

足立区綾瀬 坐骨神経痛しびれの原因なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 ゴルフ腰痛の原因

2018-11-28 [記事URL]

ゴルフ腰痛の原因を知って対策を

ゴルフは背中を軸に体を回転させるスポーツで、構えが前傾姿勢になるので首から腰にかけて大きな負担がかかります。
その為、スイング中にギックリすると激痛で大変になりますし、歩くのもやっとになると周りのゴルファーにも迷惑をかけてしまうことになるのです。
また、酷くなると背骨や頚椎の椎間板ヘルニアを引き起こすこともあって、腰痛を起こすと楽しいゴルフができなくなってしまいます。
ですから、なぜゴルフ腰痛を引き起こしてしまうのかという原因を知れば対策も分かるので、ゴルフを楽しめますしスイングも思い切ってすることができるのです。

ゴルフのスイングは、アドレスで上体を傾けて前傾姿勢のまま右に捻ってから左に捻じってボールを打ちますし、ずっと同じ方向に回しているため同じ筋肉ばかりを使用することになります。
そうすると右利きの場合には、右側全体の筋肉が伸びて左側が縮むといった状態になり、バランスが崩れて骨盤や背骨が歪みゴルフ腰痛の原因になるのです。
また、ラウンドや練習前に準備運動をする人は少なくて、いきなりゴルフクラブを振るゴルファーも多くいて、そのようにストレッチ不足でプレーすることも腰痛の原因になります。
実は冬より夏の方が腰痛を発症するケースが多くて、これは気温が暖かいから体がほぐれていると勘違いして、そのままゴルフクラブを振ってしまうのです。
それから、ゴルフではティーショットの後はすぐにカート乗ることが多くて、ゴルフコースを歩かないということが腰痛のリスクを高くする要因になると言われています。
野球もゴルフと同様に一方向にスイングしますが、その後に走ったり守備についたりすることで、全身の筋肉を動かすために体のバランスを取っているのです。
しかしカートについつい乗ってしまうため、ゴルフでは全身の筋肉を動かすことがないため、歪みを戻すことなくさらにスイングして悪い状態を蓄積してしまいます。
あとゴルフスイングは下半身から始動させるので、股関節が硬くて柔軟性がないとスムーズに回らなくて手打ちになることが、腰の痛みを引き起こす原因になるのです。

こうしたゴルフ腰痛の原因が考えられるので、その原因を改善することが予防対策につながります。
ゴルフスイングで上体が伸び上がると上手に回転ができなくて、腰に負担がかかってしまうので、ゴルフクラブを腕だけで振るのではなくて体を回転させることを意識することが大事です。
手打ちを改善して下半身主導のスイングに変えることで、腰の痛みは軽減されます。
また逆側にスイングすることで偏った動きをした筋肉を戻してバランスを取ることができるので、ショットの後に逆側に素振りすることを取り入れると良いです。
忘れるという方はショット前に行うようにすると良いですし、上手くルーティーンとして取り入れられるといつも安定したショットが打てるようになると共に、腰痛の防止にもなります。
それから最高の治療方法は予防で、定期的にメンテナンスをすることにより腰痛を予防することができるので、練習後やラウンドの後に整体院や整骨院に寄ってケアをすると良いです。

足立区綾瀬 ゴルフ腰痛の原因なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 マタニティ整体

2018-11-10 [記事URL]

マタニティ整体で憂鬱な気分や不調を解消

妊娠して胎児が成長すると共に、体内ではホルモンバランスが変化して、背中のこりや肩こり、腰痛・足の付け根の痛み・手足のむくみなどが発生します。
妊娠するとこのような妊婦を悩ますマイナートラブルが起こるのですが、妊婦は自由に薬を服用したり湿布を貼ったりすることもできないのです。
そのような妊婦の体調不良に効果的なのがマタニティ整体で、整体は妊婦の全身の血行を良くしたり、歪んでしまった骨盤を矯正したりする作用があります。
ただ、妊婦が整体に通えるのか疑問に感じる方もいるでしょうが、マタニティ用の特別な講習を受けているので安心ですし、妊娠の経過が良好で体調がよければ整体を受けても問題はないのです。

では妊婦の整体はいつからいつまで行けるのかというと、妊娠4ヶ月以降の安定期なら行けますが、安定期以降なら必ず安全ということはありません。
母体と胎児を優先にする必要があるので体調と相談しながらにするのが一番で、その為にも健診時に産科医に許可を取ってから通うようにするのがベストです。
いつまでというのは明確な決まりはありませんが、一般的には妊娠9ヶ月位までとする整体院が多いと言われています。
ただ、中には臨月まで施術可能な整体院もあるので確認してみると良いです。
通う頻度は妊婦の症状によって様々なので一概に判断できないので、相談しながら自分に適した間隔で通院すると良いでしょう。

マタニティ整体による主な効果としては、多くの妊婦が経験する下半身周辺の痛みを緩和するというのがあります。
腰痛・恥骨痛・尾骨痛など下半身周辺の痛みと言っても症状は様々ですが、ホルモンや体重の増加による骨盤の歪みや関節の緩みがほとんどの原因によるものです。
その為、施術により骨盤の歪みや関節の緩みを矯正することによって、これらの症状の改善が期待できます。
また妊婦の中には出産に対する不安やプレッシャーなどで、マタニティブルーに陥っている人もいますが、これは凝り固まった筋肉が原因による交感神経の異常にあると考えられるのです。
施術により硬くなった筋肉をほぐすことで副交感神経が優位になって、精神的な不安感も和らぐことが期待できるので、妊婦特有の精神的なケアという効果もあると言えます。
それから胎児を包む胎嚢の周辺は、肋骨・背骨・骨盤などで囲まれているので、これらの骨が歪むことにより胎嚢の形も歪んで、赤ちゃんの居心地が悪くなり逆子のリスクが高まるのです。
骨盤矯正によりこれらの骨が正常な位置に戻ることで、胎嚢がきれいな丸になれば逆子防止にも繋がります。
また骨盤が開いていると胎児が下がって早産のリスクが高まるので、同様に骨盤矯正することで骨盤を締めてあげると早産予防にもつながるのです。

妊婦だから仕方がないと諦めてマタニティライフを憂鬱な気分で過ごすことは、もったいないことになります。
先に触れたような効果が考えられるので、マタニティ整体により改善を心がけることが大切で、出産前の貴重な時間を楽しんで過ごせるようにすることが大事です。

足立区綾瀬 マタニティ整体なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 X脚O脚

 [記事URL]

X脚O脚を正常な状態にするためには

脚のラインが今ひとつだと、おしゃれなファッションに身を包んでも、ちょっと残念になってしまうことになります。
X脚O脚は気になるけれど、ずっとこのような状態なのでもう治らないと諦めてしまう方も多いのですが、先天的なものでない限りは他の体の部位と同様に必ず原因があるのです。
実はX脚O脚と一般的に呼びますが、正式には膝が外向きになる内反膝、内向きになる外反膝と呼ぶもので、両膝が内反だとO脚で両膝が外反膝だとX脚になります。
膝関節は、膝上の大腿骨・膝下の下腿によって上下を挟まれた状態になっていて、O脚の場合は膝関節に外にずれようとする力が加わって、正面から見ると膝関節の内側がつぶれて痛みが生じやすい状態になっているのです。
逆にX脚では内にずれようとするために、膝関節の外側がつぶれて痛みやすい状態になっています。
ですから、その原因を正す方向に筋肉を鍛えたり、緩めたりすることによって正常な状態に変えていけるものなのです。

X脚O脚を正常な状態にするためには、歪みの出発点となる骨盤の前後の傾きからアプローチすることが大切で、それに加えて膝関節にかかっている力を正す方向で動かすことが重要になります。
O脚で骨盤後傾タイプの人は、常時骨盤が後ろ側に傾いて股関節を外向きに外旋しようとする力が加わっているのです。
また筋肉でいうと骨盤の後ろ側の仙骨と大腿骨を繋いでいる梨状筋や、お尻の横側にある中殿筋の後ろ側が凝っていて、梨状筋と中殿筋が凝った状態ではなかなか改善が難しいことになります。
ですから、硬直した筋肉群をほぐしていくことが大事で、背筋を伸ばしてイスに座って、伸ばしたい側の脚を抱えて反対側の胸にぐっと引きつけると、効果的に梨状筋や中殿筋が伸ばせるのです。
それからO脚の人はあぐらをかく座り方は得意でも、ぺたんこ座りは下手な人が多いのですが、得意だからといってあぐらをかく座り方ばかりしていては、外にずれようとする力を後押しするので状況を悪くしてしまいます。
不得意でもぺたんこ座りをして、膝下の脛骨を真下に押しこむように手で刺激すると、股関節が内旋して逆方向の力が加わり脚全体の筋肉がほぐれるのです。
このような方法で骨盤や股関節周辺がほぐれてきたら、枕や丸めたバスタオルを膝の力で絞りこむエクササイズを行いましょう。
外に向いている膝のお皿を内側に締めていく意識の動きをすることによって、普段なまけている内転・内旋筋群を鍛えられるのです。

X脚の人は、逆に苦手のあぐらの姿勢で行うストレッチングから始めて、骨盤をしっかり立て内側に入り込みがちな脛骨を外側方向に押して癖付けをしていきます。
これによりなまけていた腹筋を鍛える効果もありますし、外旋方向に脚全体を伸ばしていくため内向きに歪んだ脚が正されやすくなるのです。
続いて内向きの歪みに対して股関節の外旋力をアップするように、エクササイズで大殿筋を鍛えます。
ただし歪みをより助長させるので、O脚の人がX脚の対策を行ったり、X脚の人がO脚対策を行ったりしないことが重要です

足立区綾瀬 X脚O脚なら「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 ぎっくり背中

2018-10-29 [記事URL]

背中に急激な痛みを感じる症状がぎっくり背中

ふとした瞬間に腰に激痛が発生するぎっくり腰を経験された方は少なくないでしょうが、ぎっくり背中という症状もあることをご存知でしょうか。
ぎっくり腰と同様に病名ではなくて、背中に急激な痛みを感じた症状を総称しているものです。
単に背中に痛みだけではなくて深い筋肉まで傷めると深呼吸をするだけで痛みがでることもあるため、とんでもない病気を発症したという不安にも襲われることもあります。
発生する原因としてはいくつか考えられて、しかも一つの原因ではなく複数の原因が絡み合って発症するのです。
長時間同じ体勢のデスクワークや肘を付いて横になりながらのスマホ操作など、長時間同じ体勢を続けることで起こる体の歪みが原因のひとつと言えます。
また、長時間無理な姿勢からくる背中のはりを解消のために行う急な自己流ストレッチが、背中を傷める動作になっている可能性もあるのです。
それから、日常的に猫背気味で姿勢が悪いために背中の筋肉が固くなっていることも原因として考えられます。
その他にも発生につながる原因があるので、それらの一つでも原因を減らすことが発症の可能性を少なくすることにつながるのです。

ぎっくり背中の予防法は、毎日の積み重ねなので取り組むのは面倒ですが、ひとつでも原因を解消することが予防に繋がります。
お風呂上りなど普段から背中をほぐすストレッチをする習慣をつけておくと良いですし、軽いストレッチは寝付きもよくなるのでさらに効果が得られるのです。
また長時間無理な姿勢を続けることは、自分が考えている以上に背中や腰に負担がかかることなので、長時間無理な姿勢を続けることは避けましょう。
今すぐ症状として現れなくても、負担が蓄積される症状が出る可能性を高めてしまうので、ディスプレイの位置や椅子の高さ、座り方などを工夫して正しい姿勢を心がけることが大事です。
ちなみに、周囲の人からあの人の姿勢は良いねと言われるような姿勢が体にも良いので、そのような姿勢を目標にして悪い姿勢は減らしましょう。
それから、背筋と腹筋の筋力を鍛えることや意識的に背中を丸めないようすることは猫背の解消に効果的です。

では、ぎっくり背中が発生してしまった時の治療には、どのようなものがあるのかというと、治療と言っても痛め止め薬を服用して安静にするだけです。
その理由は、整形外科でレントゲン検査をしても何も映らないために、病院では特に異常なしと診断されてしまうからです。
ちなみに病院では痛み止め薬と共に患部の炎症を鎮める冷シップも処方されます。
背中にジンジンとした熱さを感じるのは炎症を起こしているためなので、処方してもらった冷シップを背中に貼り冷やすのも治療につながるのです。
それから横になって背中を丸める体勢が楽なので、そうした楽な体勢で安静にすると共に、寝る時もできる限りこの体勢で寝るようにしましょう。
ただ、こうした治療しても2週間以上痛みが引かない場合は、別の病気を疑う必要もあるのです。

足立区綾瀬 ぎっくり背中なら「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません


足立区綾瀬 手足のしびれ

2018-10-15 [記事URL]

手足のしびれは安易に放置しない

手足のしびれをはじめとして、首・背中・肩・顔・腰などあらゆる箇所にしびれは生じますが、治療が必要な場合と心配がない場合があります。
例えば、誰でも一度は経験している長時間の正座による足がしびれる場合は心配いりませんし治療の必要はないのです。
しかし、脳梗塞・脳卒中・高血圧・脂質異常症・糖尿病・心臓病などが引き金となって、発生するしびれが見られる場合は医療機関での治療が必要になります。
ですから、安易に温かくなれば治るからとか、しばらく我慢すれば大丈夫とか言って、手足のしびれなどを放置していると、重大な病気が隠れていることもあるので要注意です。

足のしびれには、直接神経が圧迫される神経性の場合と、血管が圧迫されることにより神経への血流が悪くなる血管性の場合の2つに分類されます。
神経性は、その名が示す通り神経のどこかに異常があって、これがしびれの症状を引き起こすということになるのです。
この神経性のしびれは、背骨の椎骨と椎骨の間でクッションの役目を果たす軟骨の椎間板が、老化現象を起こして後ろや横に飛び出す椎間板ヘルニアなどが原因で発生します。
もうひとつの血管性は、血管が圧迫されるなど血管障害によって、神経への血流が悪くなった結果として痛みやしびれといった症状が出てくるものです。

手や指にしびれがある場合は、手から頭までの神経回路のどの部分で神経が圧迫されているかを医療機関では調べます。
それは手や指にしびれがあるのは、この神経回路のどこかの部分が圧迫されているからで、特に圧迫されやすいのは首の骨の周囲・鎖骨の下・肘の内側・手首の靱帯です。
変形性頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアで首の骨が変形したり、軟骨が出っ張ったりすることで神経が圧迫されて手がしびれることがあります。
鎖骨の下で神経が圧迫されているのは、なで肩の女性に起こりやすい胸郭出口症候群と呼ばれるものです。
胸郭出口という隙間が狭くなって神経や血管が圧迫される結果として、手や腕の痛みやしびれ、肩こりなどが発生します。
肘の内側で神経が圧迫されることで起こるのが肘部管症候群で、手のしびれや痛みをはじめとして、筋肉が萎縮したり筋力が落ちたりする症状が見られるのです。

打撲などのケガがきっかけになったり、パソコンなどで手を酷使したりすることで起こりやすいのが、手首の靱帯で神経が圧迫されて発生する手根管症候群です。
これは出産前後や更年期など女性ホルモンのバランスが乱れる時にも起こりやすいと言われています。
ただし手のしびれを感じる場合には、脳梗塞などの中枢性の病気が隠れているケースがあるので気をつけなければならないのです。
また、舌がもつれるような感じやロレツが回らない感じがあると中枢性の麻痺の場合もあります。
それから糖尿病の神経障害により末梢神経が侵されて起こることもあって、手足のしびれやこむら返り、走るような痛みがある時には要注意です。
また神経障害が起こることで次第に痛みを感じる神経が鈍くなり、それにより心筋梗塞など重大な病気にかかっても気付かないことがあるので注意しましょう。

足立区綾瀬 手足のしびれなら「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください
 ※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません


足立区綾瀬 脛骨過労性骨膜炎

2018-10-01 [記事URL]

脛骨過労性骨膜炎を引き起こす骨の歪み

ふくらはぎの筋肉のヒラメ筋、その奥にある後脛骨筋や長指屈筋などの筋肉は、膝から下の後ろ側に位置する筋肉で、つま先立ちをする、地面を蹴る時などに収縮する筋肉です。
すねの骨の内側にこれらの筋肉はくっついていて、ランニングやジャンプの過剰な繰り返しや、つま先立ちを持続することで下腿後側筋は収縮します。
そして、すねにくっつく部分に繰り返し強い牽引力がかかって、骨の表面を覆う骨膜に炎症を引き起こすのです。
このように運動のやり過ぎなどで生じる痛みの代表的な疾患が脛骨過労性骨膜炎で、シンスプリントと呼ばれることもあります。
特にアスファルトなどの硬い地面や床面で走ったり、ジャンプをしたりすることで一層骨膜炎になりやすいといわれているのです。
また痛みを誘発した状態で競技を継続していると、すねに付着する部分で筋肉や骨膜の微細断裂を起こして、痛みなく競技をおこなえるまで時間がかかることがあります。
ちなみに片足から起こることが多いのですが、痛みを感じる足をかばうことでもう片方の足にも負荷がかかって、両方の足が痛くなる方は全体の約45%もいるのです。

正常な足の状態ではアキレス腱から踵にかけてのラインはほぼ真っすぐと言えるのですが、そのアキレス腱のラインより踵が外側に捻じれている状態が回内足です。
この回内足の状態になると、地面に着地した際にヒラメ筋が緊張しやすくなって、ヒラメ筋の付着部である脛骨の骨膜をひっぱり脛骨過労性骨膜炎を起こりやすくなります。
このように骨に歪みが起きてくると筋肉は余分に緊張するようになって、そうした緊張状態でスポーツを行うと様々なスポーツ障害を起こしやすくなるのです。

脛骨過労性骨膜炎などのスポーツ障害を起こしやすくなる骨の歪みには、どのようなものがあるのかというと、先にも触れましたがアキレス腱のラインより踵が外側に捻じられている状態の回内足があります。
また土踏まずがない状態の偏平足は、足が地面に着地した時に衝撃を吸収する役割の足のアーチがなくなっているので、足の筋肉に負担がかかってスポーツ障害を起こす要因になるのです。
それからQアングルが男性では10度、女性では15度より大きくなると膝蓋骨が不安定になって、不安定な状態の代償として下腿の筋肉は緊張状態になります。
そうした筋肉が緊張状態でスポーツを続けることで起こりやすくなるのです。
ちなみにQアングルと言うのは、骨盤の骨にある上前腸骨棘と膝蓋骨中央を結んだ線と、膝蓋骨の中央とすねの骨にある脛骨粗面を結んだ線がなす角度です。

大腿骨と脛骨が作る角度のことを大腿脛骨角といって、正常な状態では176度と言われていて、180度を超えると内反膝、逆に176度より小さいものを外反膝と言います。
本来骨の位置が正常な位置にあると骨に付着する筋肉は最小限の筋量で運動することができるのですが、骨が正常な位置にないと筋肉が常に緊張状態になって、必要以上の筋量を使うためスポーツ障害を起こすのです。
ですから、この内反膝・外反膝といった大腿脛骨角の異常が要因になることもあります。

足立区綾瀬 脛骨過労性骨膜炎なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。


足立区綾瀬 扁平足の可能性

2018-09-29 [記事URL]

成長期の子供に多く見られる扁平足

長時間立っていたり歩いたりすることで、足裏がだるくなったり足裏が引き伸ばされるような痛みがあったりする場合は扁平足の可能性が考えられます。
裸足で走り回るなど足底の筋肉を鍛える動きが不足していると、成長で体重の負荷が増える際に足底が伸びて起こるため成長期の子供に多く見られるのです。
また運動不足で足底の力が弱い大人でも同様のことが発生します。
それから、X脚の人は膝が内側に入ってしまうために、土踏まず部分に重心の重みがかかりやすく舟状骨が落ちやすい状態にあるのです。
逆にO脚の人は重心が外側にかかるので、筋力のある若い時には起こりにくいのですが、加齢で足底を支える力が不足してくると重力に負けてなってしまうケースが多くなります。
進行すると外反母趾を引き起こしやすくて、骨が変形したり靴を履かなくても痛むようになったりすることもあるのです。

アキレス腱側から内くるぶしの下を通過して舟状骨を真下から支えているのが、親指へつながる長母趾屈筋と残りの4本とつながる長趾屈筋で、足底のクッションの役割をしています。
ただそれだけでは重みを支えきれないので、すねまでつながる前脛骨筋と後脛骨筋が舟状骨を上に引き上げるのです。
この4つの筋肉が正常に機能すると土踏まずはしっかりと形成されるのですが、力を失うと扁平足になって重心が土踏まずの部分にかかって、足の親指側への負担が増え足底の親指の内側についている母趾内転筋が硬く縮みます。
そうした状態にプラスして幅の狭いつま先が細くなった靴を履いていると、親指が内側に圧迫されて「くの字」になりやすくなって外反母趾を生じるのです。
このように扁平足により外反母趾を引き起こすことになるので、外反母趾ケアを行った上で足裏の筋肉を鍛える足裏エクササイズにより足裏の状態を正常にする必要があるのです。

改善する足裏エクササイズと言っても難しいことはなくて、足指5本をしっかり使ってタオルを握る・持ち上げる・離すという3動作を行うだけです。
ただ、X脚やO脚気味の人は足指を動かそうとすると膝が正面からずれてしまう傾向にあるので、膝が正面に向いているかを常にチェックしながら行いましょう。
握る動作では伸びてしまっている長母趾屈筋と長趾屈筋を使用して、足底をぎゅっと縮めて、持ち上げる動作で舟状骨を引き上げる後脛骨筋を働かせます。
弓を引くようにして前脛骨筋を働かせて足のアーチを高くするようにタオルを持ち上げるのがポイントです。
タオルをぱっと離す動作は、母趾外転筋本来の親指を開くという働きを刺激できます。
右足で3動作を行いつつ左足でシワが寄ったタオルを元の位置に戻しながら繰り返して、最初は左右で10回からスタートして目標としては10回を3セットです。
また、それぞれの動きは丁寧に行うと共に、一動作につき5秒は止めましょう。
この回数をまじめに続ければ約2週間程度で足のアーチが高くなって、偏った足指の骨の並びも修正されて改善されたと実感できるのです。

足立区綾瀬 扁平足の可能性なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。


足立区綾瀬 肋間神経痛

2018-09-18 [記事URL]

どのような人が肋間神経痛になりやすいのか?

心臓や肺やその他の生命維持に重要となる臓器を守るように、人間には背中から胸の前面に12本の肋骨が伸びています。
そして、その背骨から左右12対の肋骨に沿って肋間神経という神経が伸びているのです。
この肋間神経に何らかの原因で障害が発生して、突発的な痛みが発生する症状を肋間神経痛と言います。
人により痛みの現れ方や発生する場所に若干違いはありますが、通常は肋骨から脇腹付近、みぞおち、背中に痛みが起こるのです。
また、左右両側が痛くなるというよりは、左右のどちらか片側に痛みが出る事が多いですし、急に痛みが起こって数秒で治まることもあれば、長くて数分程度続く時もあると言われます。

肋間神経痛からくる背中の痛みは、長時間座っている時に頭を動かす際、深呼吸をした時や少し重たい物を持った時、咳やくしゃみをした時などに痛みが走ることが多いです。
また、みぞおちの痛みや息苦しさを感じる場合もあって、それは背中・胸・胸の真ん中・みぞおちまで広く分布している胸椎部から伸びている神経に何らかの問題があるためです。
息苦しさは呼吸する時の痛みを軽減させるために無意識に浅い呼吸になってしまうためです。
ただし、深呼吸や咳で痛みが生じるのは、腫瘍神経の炎症やヘルニアなどでも起こることがあります。
それから背中の痛みは部位により重篤な病気のサインということも考えられるので、長期間痛みが継続する時や痛みが強い場合には早めに専門医を受診することが大事です。

肋間神経痛には、特に明確な原因がない原発性と、他の病気に付随して起こる続発性に分かれていますし、他にも心因性というのもあります。
原発性は突き刺さるような痛みがでたり、夜に痛みで寝にくくなったりしますが、検査をしても肋間神経自体に異常はなくて原因不明の神経痛と診断されます。
続発性は末梢神経や脊髄にある知覚神経の刺激や障害で起こるもので、変形性脊椎症などの脊椎の病気や神経に沿ってできる帯状疱疹などが原因です。
また、胸膜炎・肺炎・肺がんなどの腫瘍、胸部の内臓疾患、交通事故などの後遺症、椎間板ヘルニアや側弯症などからくる神経の圧迫などでも起こります。
心因性というのはその名の通り精神的なストレスの影響で起こるもので、ストレスや精神的な緊張などが原因で筋肉が血行不良などを起こして発症につながるのです。

それからなりやすいタイプの人というのがあって、そのひとつは激しい運動をする人です。
荷物をよく持つ方や重いものを運ぶなどの仕事をすることで、筋肉に疲労物質の乳酸が溜まって神経痛を引き起こすこともあります。
更年期を過ぎる頃の中年以降の女性もなりやすい人で、それはホルモンバランスが乱れることで自律神経のバランスも崩れやすくなるからです。
また更年期を境にカルシウムが不足しやすくなって骨がもろくなることで、くしゃみや咳・転倒などで骨折しやすく神経を圧迫することで発症することもあります。
その他、妊娠中の人やデスクワークの人、パソコンやスマホをよく使用する人もなりやすいのです。

足立区綾瀬 肋間神経痛なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。


足立区綾瀬 すべり症の発症

2018-09-01 [記事URL]

10代の成長期にはすべり症の発症に注意を

ケガや疲労骨折で腰椎が分離してしまった状態から、さらに腰椎がずれてしまった症状を腰椎分離すべり症と言います。
その関係性からセットで考えられることが多いですが、実際にはそれぞれ別の病名となるのです。

骨折などのケガや疲労骨折をして腰椎が分離すると、腰に痛みが走りますが1~2週間程度で痛みは消えますし、ある程度動けるようになります。
この時に腰椎の骨が何らかの要因によりくっつかずに分離したまま完治してしまうと、偽関節と呼ばれる状態になって腰椎分離症を発症するのです。
腰椎分離症になると腰を捻ったり、前屈・後屈の姿勢をとったりすると腰に痛みや違和感を覚えますが、日常生活ではあまり痛みを感じないという人も多くいます。
その為、腰椎分離症になったことに気づきにくいですし、発症したことを自覚していない人も多いのです。
しかし腰椎が分離した状態でスポーツや長時間の立ち仕事、腰をひねる動作をするとすべり症を併発することがあって、併発すると神経が圧迫されて下肢痛や慢性的な腰痛をわずらいやすくなります。
腰を上下左右に揺らすと痛い、スポーツをすると腰痛が酷くなる、腰に違和感がある、腰を叩くと内側から痛む、歩くと下肢痛が出やすいなどの症状があるのなら発症を疑う必要があるのです。
また、ジャンプすると腰が痛む、長時間の動作で腰が痛むなどの症状が当てはまる人も、発症している可能性があるので、一度病院で検査を受けることをおすすめします。

スポーツ選手ほど発症しやすいですし、特に10代の成長期は骨がまだ固まっていなくて大人と比較して柔らかいので注意が必要です。
また子供の骨はコラーゲンや水分を多量に含んでいるため変形しやすくて、激しい運動などにより腰椎にダメージを負うと、完全には折れずに少し曲がったり亀裂が入ったりします。
その状態を放置して成長して大人になり骨が固まると、少しの衝撃で折れやすくなり発症しやすくなるのです。
それから姿勢の悪さが引き起こす原因になることもあって、背骨に負担のかかる悪姿勢を長く継続していると次第に腰椎がずれてすべりを引き起こします。
ただし良い姿勢をキープしていればすべりを起こさないのかと言うと、歩く・ジャンプする・スポーツするといった動作で負担がかかるので、そうとも言い切れないのです。

治療法としては保存療法が効果的で、鎮痛剤を服用しながら様々な角度から治療していきます。
ただし保存療法で効果が見られない時や、早急に処置が必要であると医師が判断した場合には外科的手術が検討されるのです。
手術の方法としては固定式と非固定式の2種類があって、近年の傾向では非固定式を推奨する病院が多くて、それは固定式よりも患者への負担が小さいからです。
すべり症を起こした場合には、再発を予防するために筋肉を強化して腰をカバーしなければなりません。
おすすめの筋トレ法は体幹バランストレーニングで、一般的な筋トレと違って激しい動作をしないため、療養中でも無理なくできます。

足立区綾瀬 すべり症の発症なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。


足立区綾瀬 ゴルフ背中の痛みを解消する

2018-08-28 [記事URL]

ゴルフ背中の痛みを解消するスイングとストレッチ

ゴルフの練習後に背中が痛い、スイングで背中に痛みが走る、アドレスで背中に違和感がある、肩甲骨からわき腹にかけて痛い、体を捻じると背中が痛いなど、背中の痛みを訴えるゴルファーは多いです。
ただ、その背中の痛みが筋肉痛なら2~3日程度で痛みは治まりますが、いつまでも痛みが取れなかったり、ゴルフを再開したらすぐに痛みが復活したりする場合は筋肉が炎症を起こしている可能性が考えられます。
また、いつまでも背中の痛みが解消しないで、咳やくしゃみをすると痛い場合は、肋骨を疲労骨折していることもあるので、筋肉痛とは違う痛みが長く続く時は病院を受診することをおすすめします。

ゴルフ背中の痛みを生じてしまうのは、ゴルフのスイングで左右の肩が違う動きをしているのです。
本来スイングは、左右対称の振り子のような動きをするのですが、肩を捻じったり力任せのスイングをしたりするとスイングの形が崩れてしまいます。
またアドレスの時に猫背になっていたり、左右の肩の巻き込みがずれていたりすると、上手に体を回転することができないのです。
このような間違ったスイングで練習を継続していると、体が歪んできて体の軸がずれてしまって、体を回そうとすると背中や他の部分に負担がかかります。
ゴルフ背中の痛みを引き起こさないスイングのポイントは、アドレスの時に猫背にならない、手首・両肘・両肩の正五角形を崩さないようにする、肩を捻らないことです。
また脇を締めすぎない、肘を張らない、手首を巻き込まない、手首を折らないことなども大切なので、これらのポイントを意識してスイングすることを心掛けましょう。

それからゴルフ背中の痛みを改善するストレッチがあるので、試しに実践してみることもおすすめです。
まず、手を背中でタスキがけをすると、左右でやり易さに違いが生じるもので、それは上肢の筋肉の緊張が左右で偏っているからです。
そこで、左右のバランスの差を矯正する体操を実践して、背中・背筋を整えましょう。
最初にバンザイをして手の上がり方が左右で違うので、上げにくい方の手をチェックするのです。
チェックをしたら短い方の手を上げて、その反対の手で手首を握り、握った手の側にゆっくりと体を倒します。
その状態のままで3呼吸して、体を元に戻し手を下ろしたら、つぎは逆の手を上げて同様のストレッチを行うのです。

この体操のポイントは、横に倒す時に無理して倒そうとすると体が捻れるので、わき腹を伸ばす感じで体の横のプレーンに沿って動かします。
可能なら誰かに見てもらいながら実行することがおすすめです。
また体操の順番を間違えると逆効果になるので、きちんとどちらの手が短いのかをチェックしてから、左右1回ずつで1セットとして必ず両方やりましょう。
それから、この体操は回数を多くやることよりも動作を正確にする方が大切なので、ゴルフの練習の後にメリハリをつけて正確に実践することを心がけることです。

足立区綾瀬 ゴルフ背中の痛みを解消するなら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。


足立区綾瀬 ゴルフ腰痛の予防対策

2018-08-18 [記事URL]

ゴルフを楽しむためにも日常的にゴルフ腰痛の予防対策を

大好きなゴルフが腰痛で出来なくなってしまうのはとても悲しいことですから、ゴルフを楽しむためにも日常的に腰痛の予防対策をすることが大切です。
ゴルフ腰痛の主な原因は、スイングによる腸腰筋・大臀筋群・腰方形筋・脊柱起立筋などの筋肉の疲労が溜まっていることにあります。
疲労が溜まってしまうのは背中や腰の筋肉に無理な力を入れてしまったり、無理に伸ばしたりすることで、対策としてはゴルフをする前にストレッチなどを行うことです。
動的ストレッチが良いと言われていているので対策としておすすめですし、特に寒さが厳しい冬は筋肉が収縮しているので腰痛対策と共にケガ防止のためにもストレッチをしてからゴルフをしましょう。

またゴルフをする時だけではなくて、日常生活で腰痛対策を行うことも大切で、日常生活で腰痛にならないようにするには猫背など悪い姿勢に気を付けることです。
歩く姿勢や座っている時の姿勢を気をつけていくだけでも、腰への負担が少なくなってゴルフ腰痛対策につながります。
それから筋肉の疲労が見られ腰痛が起こっている時は、ゆっくりとした静的ストレッチを行うことが効果的で、固くなっている腰回りの筋肉を伸ばして柔らかくすると良いです。
勢いよく行ってしまうと急激な動きで筋肉を痛めてしまうことがあるので、お風呂上がりなどの、体が十分に温まっている状態でゆっくりと行うことが大切になります。

ゴルフ腰痛の改善には発生する原因を知ることも大切で、右腰だけに痛みを感じるといった部位が偏ってしまうことも珍しくないです。
右腰が痛くてたまらないという症状を訴える人はとても多くて、そうなってしまう原因は日常の生活はもちろんのこと、ゴルフや野球などのスポーツが原因とも考えられます。
日常生活の中で重たい物を持ち上げるような仕事をしている人は、利き手の方となる右腰が痛くなって腰痛につながるのです。
また、ゴルフで右腰が痛くなって腰痛になってしまう場合もあって、これはスイングに問題があるもので、無理なスイングで右腰に大きな負担がかかっているからと考えられます。

このように右腰の痛みの原因が分かったところで、右腰の痛みを酷くしないためにはスイングの改善を行う必要あって、そのままスイングの仕方を変えないようでは右腰の腰痛がよくなることはないのです。
普段使用することがない筋肉がゴルフで動くことからスイングにも力が入ってしまうと考えられるので、そのような方は右腰に力を入れ過ぎないように注意して、スイングの練習を行うことが大切になります。
また、ゴルフの上達において欠かせないのがグリップエンドの向きを調整することで、グリップエンドの向きを調整することにより、右腰の下からスイングを鍛える練習を実行することもポイントです。
それからゴルフスイングの練習を実施する時には、ダウンスイングで始動するのも重要になるので、ダウン時は左腰よりも右腰が低くなるという状態になるように練習を行うことが右腰を痛めないポイントになります。
このようなことを心掛けて練習を行うことにより上手にスイングできるようになりますし腰痛の改善にもなるのです。

足立区綾瀬 ゴルフ腰痛の予防対策なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。


綾瀬駅の整体「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」の地図

詳細な住所はこちらのようになっております

田中カイロプラクティックセンター

【住所】 〒120-0005
東京都足立区綾瀬1-30-10 綾瀬優和レジデンス102号
千代田線綾瀬駅西口より徒歩5分
【受付時間】 平日10:00~20:00
土曜10:00~16:00
時間外も対応致します!
【定休日】 日曜・祝日
【責任者】 田中 晶


大きな地図で見る

【ご予約・お問い合わせ】
電話番号03-3690-7203
インターネット限定割引
メールでのお問い合わせ

ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」で1日3名様に限り、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

田中カイロプラクティックセンターの高いレベルの施術を体験して頂きたいという想いから、自費初検料3,000円を0円とさせて頂きます。この機会に是非一度体験して下さい。

※通常の施術料金はかかります。
※初めてご利用の方1回のみです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話をかけている女性

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」へのお電話はこちら

住所 〒120-0005 東京都足立区綾瀬1-30-10 綾瀬優和レジデンス102号
電話番号 03-3690-7203
受付時間 平日10:00~20:00
土曜10:00~16:00
時間外も対応致します!
定休日 日曜・祝日
最寄駅 千代田線綾瀬駅西口より徒歩5分

PAGE TOP



綾瀬駅 整体
「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」

住所:〒120-0005
東京都足立区綾瀬1-30-10
綾瀬優和レジデンス102号

03-3690-7203




MENU

MAIL

TEL
HOME