ブログ記事一覧

tel:03-3690-7203

足立区綾瀬 突発性難聴

2019-03-03 [記事URL]

突発性難聴には鑑別が重要な疾患がいくつかある

全く突然に何の誘因もなく高度の感音性難聴・耳鳴をきたして、場合によっては激しいめまいを伴う疾患を突発性難聴と医学的には定義されています。
その為、外傷や細菌感染など他の発症要因が明確になっている場合には該当しないのです。
発症してから約2~3ヶ月程度で症状が固定してしまうので、できる限り早期に治療を開始することが最も大切になります。
難聴の主症状や発症の機転で比較的診断は容易ですが、鑑別が重要な疾患がいくつかあるので注意が必要です。
発症する原因としては、血管障害説やウイルス感染説など様々考えられているのですが、残念ながら現段階では明確な主因は分っていません。
このように原因が不明なために治療法が統一されていないという面もありますが、内耳にある血管条という組織が障害されているようだということがわかってきているのです。

先に触れた鑑別が重要な疾患としては、メニエール病・外リンパ瘻・聴神経腫瘍・ムンプス聾などがあります。
メニエール病とは、激しい回転性めまいとそれに伴う一側性の難聴と耳鳴を引き起こす疾患で、めまいを訴える患者の多くがメニエール病と診断される傾向にありますが、実際には1~2割程度と言われているのです。
外リンパ瘻とは、力み・鼻かみ・くしゃみ・潜水などで、圧力が急激に変化することで発症する疾患で、めまいや難聴が生じて手術治療を要します。
聴神経腫瘍とは、内耳と中枢神経系を結ぶ第8脳神経に生じる良性腫瘍で、その腫瘍の圧迫によって難聴を引き起こしてしまうのです。
通常は徐々に進行しますし一時的に良くなることもあるため、突然難聴が発症することは比較的少ない疾患と言えますが、精密検査を行って腫瘍の有無を確認する必要があります。
ムンプス聾とは、俗に言われる「おたふくかぜ」に伴って難聴が発症するもので、ウイルスが内耳を障害して高熱のあとに一側性の難聴が生じるのです。
ただし、発熱や耳下腺の腫脹が軽度の場合には、ムンプスの感染を自覚していないこともあるので注意が必要になります。

鑑別により突発性難聴と診断されて時の治療としては、ステロイド漸減療法・PGE1療法が行われるのです。
ステロイド漸減療法は、副腎皮質ホルモンの一つであるステロイドを、注射か内服により患者に投与するもので、治療効果は自然治癒例と差がないですが最も普及している治療法と言えます。
ただし投与量に注意が必要ですし、糖尿病のある方には特に注意が必要です。
PGE1療法は、原因が血管障害であるという考えから、血管の透過性亢進や末梢循環改善作用のあるPGE1を使用する治療法で、点滴により患者に投与します。
心臓や血管系に持病のある方には用いることができませんし、他の薬との併用にはいくつか注意があるのです。
いずれにしても突発性難聴の治療で最も重要なことは、早期受診と早期治療の開始になるので、突然一側の耳の聞こえが悪くなったらすぐに病院を受診しましょう。
そして、診断されたらできる限り安静を保って、医師の指示にしたがって治療を受けることです。

足立区綾瀬 突発性難聴なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 産後むくみ

2019-02-28 [記事URL]

産後むくみは毎日少しの時間を作ってケアを

むくみとは体内に余分な水分が溜まっている状態のことで、静脈が詰まったりリンパ液の流れが滞ったりすることで、細胞と細胞の間に水分が溜まっていくと起こります。
基本的に体のどこにでも発生しますが、足・顔・手の指などに起こることが多いです。
出産による体と生活習慣の変化で様々な要因が作り出されて、産後むくみが起こることも少なくありません。

産後むくみを引き起こす主な要因としては、妊娠中に血液量が約3~5割ほど増えて、産後は子宮への血液供給量が減るので急激な血液減少が起こることが考えられるのです。
ただ、このむくみは出産による一時的なもので、産褥期を過ぎれば自然と治まっていきます。
座って授乳する時間が増えると、水分が体の下の方へ移動するために足がむくみやすくなって、この時期はむくみが出やすくなるので対処が必要です。
産後はホルモンバランスの変化や慣れない育児のストレスにより自律神経が乱れがちで、それにより血液の流れが悪くなってむくみが起こりやすくなります。
産後の運動不足や寝不足により基礎代謝が悪くなると、血流を悪化させてむくみを引き起こすのです。

体調に悪影響が出ないように、出産からの体力回復が完全でなくても、無理のない範囲で産後むくみの対処法を実践する必要があります。
解消するための対処法としては適度な運動をすることで、それによってリンパの流れも良くなって、水分の排出を助けてくれるので産褥体操などがおすすめです。
また、この産褥体操はむくみを解消するだけではなくて、産後の体の回復を促してくれる効果も期待できるのでおすすめします。
それから産後1ヶ月健診が終了して体調も順調に回復しているのなら、ヨガ・ピラティス・骨盤スクワットなども対策におすすめです。

むくみが気になる時は食事に気をつけることも大切で、特に減塩に心がけることが必要になります。
塩分摂取が過剰になると体内の塩分濃度を下げようとして、体内に水分を溜め込む働きが強くなるため、むくみがより一層ひどくなるのです。
ちょっとした心がけで減塩は可能になりますし、むくみ対策につながります。
また、カリウムには体内に含まれる塩分を尿や汗として排出する作用があるので、積極的に摂取するとむくみ解消に効果的になるのです。
その他にも、足を上げて横になる、足湯をする、マッサージをするなども、むくみ解消につながるので対処法として実行すると良いでしょう。
このように地道なセルフケアによりむくみ解消を促すことは可能ですから、毎日少しの時間を作ってケアを心がけることです。

産後の体の変化で起こるむくみは、体調が回復していくのと一緒に自然と治まっていくのでそれほど心配はいりません。
しかし、妊娠高血圧症候群と妊娠中に診断されていて、産後むくみが起こった時には注意が必要で、重症の場合には産後も高血圧や尿蛋白が現れることもあるのです。
また、稀ですが産褥期に深部静脈血栓症を発症することもあるので、むくみがどうしても辛かったり、他にも症状があったりする時には病院を受診しましょう。

足立区綾瀬 産後むくみなら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 側弯症の種類や現状、ケアについて

2019-02-16 [記事URL]

先天性や遺伝性疾患等、その原因が数百種類あるのではと言われている側弯症は、いまだ分からない部分の多い症状です。
側弯症のおよそ8割が原因が分からない特発性のものとされています。
特発性と突発性を勘違いする方もいますが、突然症状を発症するのではなく、原因が分からないというのが、特発性側弯症の特徴です。

ちなみに、それほど多くの患者さんがいるというわけではありませんが、生まれたときに脊椎に異常がある先天性の側弯症、脳性麻痺など中枢神経等の異常によるもの、筋ジストロフィーなどの筋肉の異常や結合組織異常にみられる○ファン症候群、ダウン症候群などの遺伝子異常などもあります。

整体院等の民間療法でも「側弯症が治ります」とか「側弯症の施術が出来ます」と謳っているところもありますが、その場合は、機能性の側弯症であると思われます。
機能性の側弯症とは、レントゲンなどで症状を確認しても全く異常がないのに、外見的に背骨が曲がっているように見える症状の側弯症をいいます。

このような側弯症には、明確な施術が無い為、整体院などの東洋医学に頼る人も多いのです。
一方経過観察や手術、施術を必要とするのが、構築性側弯症で、西洋医学でもってさまざまな施術が行われます。

【側弯症の現状】

男子よりも女子の発症率が高い側弯症は、近年の急速な医療の発展と同時に、原因が明らかにされつつあり、効果の高い施術も色々と見つかっています。
ただ、いまだに大半が原因が分からない特発性の側弯症で、西洋医学と整体院などの東洋医学の両方の施術を受けている人も少なくありません。
側弯症になると足の長さに違いがでたり、左右の肋骨の大きさや形に違い出たりします。
女性の場合、左右の胸の形に違いあってコンプレックスを抱えたり、足の長さの違いに精神的なショックを受けることもあるようです。

【側弯症の施術に必要なこと】

側弯症の症状を放置していても、自然と治るということはありません。
また小学から中学の若い世代に見られる側弯症の早期発見を行うため、最近では、側弯症検診も定期的に実施されています。
予防方法がまだ明確でないため、早い段階で症状を見つけることが進行を防ぎ、改善に繋がると考えられているのです。
定期的な検診だけでなく、少しでも気になることがあれば、整体院や側弯症を専門としている医療機関で詳しい検査を受けるようにしましょう。
ただ、特発性の側弯症で、乳幼児の時期に発症するものだけは、成長とともにその症状がなくなることもあります。

【日常的にできるケアについて】

側弯症の症状を予防するものとして、成長期にあたる子どもの骨に負担をかけないようにと、重い荷物を持たさない、姿勢を正しくする、カルシウムを摂取させるという方法で、側弯症の予防に努めている方もいますが、残念ながらこれらが側弯症の発生と関係しているとはいえません。
ですから、カバンの持ち方が悪いとか、重すぎるということだけで側弯症になる、それを改善したから予防ができるということでもないのです。
また正しい姿勢をとることによって、体の歪みを軽減し、健康を維持できると考えられますが、すなわちそれが側弯症の予防、進行の抑制になる事もありません。
カルシウムの摂取についても成長が著しいお子様にとって必要不可欠な栄養素ではありますが、側弯症の発症を防ぐといったことともまた関係ないのです。
正しく予防し、進行を防ぐために、ちょっとした体の変化に早急に気付けるようご両親で注意深く確認したり、定期的に整体院で体のメンテナンスを行うなどの方法をとるようにしましょう。

足立区綾瀬 側弯症なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 産後の恥骨の痛み

2019-02-03 [記事URL]

産後の恥骨の痛みが長引く場合は

骨盤の一部でおへそから下に向けて触っていくと股の上あたりで触れる骨の恥骨が、妊娠後期から産後にかけて痛みを生じることがあります。
妊娠後期から産後の恥骨の痛みといっても、下腹部・会陰・腰・足の付け根・太もも・足に痛みが広がるなど、様々な場所に痛みが現れるのです。
また痛みの感じ方も人によって違いがあって、ズキズキやジンジンとした痛み、刺すような痛み、鈍痛やビリビリするような痛みなどいろいろとあります。
痛みは横になろうとする時、仰向けから起き上がろうとする時、寝返りを打とうとする時などに生じて、症状が酷くなると激痛により歩行困難に陥ることもあるのです。

妊娠中には骨盤を締めている靭帯を緩める働きがあるリラキシンというホルモンが分泌されて骨盤が開きます。
これはお腹の中で成長する赤ちゃんのスペースを確保するためであり、出産時に赤ちゃんがスムーズに出てこられるようにするためです。
しかし骨盤周辺の靭帯は恥骨ともつながっているため、リラキシンで恥骨周りの靭帯も緩むと赤ちゃんの重みが恥骨にかかって痛みを感じます。
こうした状態が解消しないと出産後も恥骨の痛みが続きますし、歪みによって骨盤が前に傾いてしまうことにより、新たな痛みを発症することもあるのです。
妊娠後期から産後の恥骨の痛みは、このようにホルモンによる影響が主な原因で発生します。
ちなみに、個人差はありますが産後1ヶ月までには痛みが治まることが多くて、長い場合でも産後6ヶ月までには痛みがなくなることが多いです。
ただ何もしないでそのまま放置すると痛みが長引くことがあるので、1ヶ月検診の際に痛みがある場合は医師に相談すると良いでしょう。
また歩行困難なほどの痛みを感じたり、痛みが強くなったりするようなら、恥骨離開や恥骨炎の可能性もあるので1ヶ月検診を待たずに受診することが大切です。

産後の恥骨の痛みの治療や解消法としては、骨盤を締めるコルセットのような骨盤ベルトを使用して骨盤を固定する方法があります。
この骨盤ベルトは産婦人科でも取扱っているので、使用する場合には正しい着け方などを指導してもらう必要があるのです。
それは着け方を間違えると恥骨に負担をかけてしまうからで、市販されているものもあるため自身に適したものを選ぶと良いでしょう。
猫背など姿勢が悪いと恥骨に負担がかかって痛みが強くなるので、姿勢を良くすることを心がけることも大事で、椅子に座る時は背筋を伸ばし骨盤を立てるようにすると恥骨への負担が軽くなるのです。
また寝る時は左半身を下にして横向きになって、下側の足を伸ばし上側の足を曲げるといった体位がおすすめで、そうすると痛みを和らげることができます。
それから、歪みで痛みが生じていることもあるので、左右どちらかに負荷が偏ることは良くないので、足を組んだり斜めに座ったり、荷物などを片方だけに持つことは避けて、左右バランスよく体を使うことです。
それ以外にも無理のない範囲でストレッチを行うことや、体を温めて血行を良くすることも対策になります。

足立区綾瀬 産後の恥骨の痛みなら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 PMS生理不順

2019-01-29 [記事URL]

セルフケアでPMS生理不順の解消を

PMS生理不順、生理痛といった女性特有の悩みは、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の卵巣ホルモンの分泌が密接に関係しています。
下腹部痛や頭痛などといった身体的な不調だけではなくて、イライラや落ち込みなどの精神的な不調として現れることもあるのです。
PMS生理不順のひとつPMS(月経前症候群)は、排卵後から生理が始まるまでの黄体期に、様々な不調やトラブルが起こるものです。
体の痛みやだるさなどの身体的症状の他に、情緒不安定になる・イライラする・落ち込むといった精神的な症状で悩むケースも多くあります。
発生する理由としては、黄体期にプロゲステロンが増加して、心のバランスを保つセロトニンが減少することなどが考えられているのですが、実際のところはっきりと分かってはいないのです。
ちなみに、子育てに追われたり仕事が忙しかったりなど、ストレスやプレッシャーを感じやすい20代後半から30代前半の女性に多い傾向にあります。
ですから、このようなストレスに思い当たる女性は、自分なりのリラックス方法によりストレスを軽減することが必要です。

ストレスの原因を取り除いて軽減できるセルフケアとしては、まずストレスなつながる悩みや負担を冷静に見つめましょう。
また、それと共にリラックスの時間を作って、自分にとって効果的な方法を見つけて上手に気分転換をすることです。
首元を40℃程度の蒸しタオルなどで温めると、副交感神経が優位になってリラックス効果が得られるので、温感スポットをじんわりと温めることで手軽にリフレッシュできます。
生活習慣や食事を改善するだけで症状が緩和することもあるので、しっかりと眠りバランスよく食べて心身を健康に整えることも大事です。
血糖値が急激に上がるとイライラを招きやすくなるので、甘いものが好きな人は間食にも注意が必要で、甘いものはほどほどに楽しむよう心がけましょう。
ぬるめのお湯+入浴剤の香りはリラックス効果があるので、好きな香りの入浴剤で楽しんだり、湯船で腹式呼吸をしたりすると良いです。

PMS生理不順のもうひとつ生理不順は、25~38日といった目安の正常な生理周期と違うペースで生理が訪れている場合を指します。
これは、ストレスや過労などにより卵巣ホルモン分泌のバランスが乱れている可能性が考えられるので、リラックスする時間をつくるなど生活習慣を健やかに整えることが大事です。
一時的に多少前後することはよく見られますが、生理が3ヶ月ない場合には病院を受診することをおすすめします。
また、2ヶ月に一回で規則的とか、これが自分のペースとか考える女性もいますが、正常な生理周期があるので大きく外れている状態が継続する場合も病院の受診がおすすめです。

生理不順を改善するセルフケアとしては、自己流のダイエットや無理な食事制限をストップして、3食をきちんと食べる健康的なダイエットをしましょう。
ストレスや過労を感じる方は、ストレス解消法を用意して体と心の休養を確保することが大事です。
基礎体温を測る習慣で自分の周期を把握することで、異変に早く気づくことができ対処しやすくなるのでおすすめします

足立区綾瀬 PMS生理不順なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 自律神経失調症

2019-01-18 [記事URL]

自律神経失調症の治療は症状やタイプなどを考慮して

自律神経のバランスが乱れることで、心身に様々な不調をもたらす状態を日本では自律神経失調症と言います。
このように様々な症状を引き起こすのは、自律神経が全身の器官をコントロールしているからで、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたすためです。
症状が一人ひとり違うように、発症する原因もまた一人ひとり違いますし、 自律神経のバランスが乱れるのには、様々な原因が複雑に絡み合っていると言われています。
代表的な原因として考えられていることは、夜更かし・夜型人間・夜間勤務・子供の頃からの不規則な生活習慣など、本来の人体リズムを無視した社会環境やライフスタイルがあるのです。
また社会的ストレスや精神的ストレス、環境の変化などといった過剰なストレスが蓄積することも原因になりますし、自律神経がもともと過敏でそうしたストレスに弱い体質も関係します。
それから、社会環境の変化・人間関係や仕事などの環境変化などに対して、不適応や過剰適応が影響したり、女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化しつづけといった変化が影響を与えたりするのです。
このように、思春期・更年期・体が弱っている時には、自律神経のバランスが乱れやすくて、発症しやすいと言われています。

自律神経失調症には、本態性・神経症型・心身症型・抑うつ型といった4つのタイブあるのです。
本態性とは、子供の頃から元々持っている体質に原因があって、自律神経の調節機能が乱れやすい体質のタイプで、体力に自信がない虚弱体質の人や低血圧の人に多く見られます。
病院を受診して検査をしても特に異常は見つかりませんし、日常生活のストレスもあまり関係ないので、原因となる体質を改善するために、食事・睡眠・運動・休息などの生活習慣を見直すと良いです。
神経症型とは、自分の体調変化に非常に敏感で、少しの精神的ストレスでも体調を崩してしまう心理的な影響が強いタイプで、感情の移り変わりが体に症状として現れます。
心身症型とは、日常生活のストレスが原因で心身共に症状が現れるタイプで、几帳両で努力家のまじめな性格の人がなりやすい最も多いタイプです。
抑うつ型とは、心身症型がさらに進行するタイプで、やる気が起きない、気分が沈んでいるなどといったうつ症状が見られます。
また、頭痛・微熱・だるさ・食欲がない・不眠など、肉体的にも症状が現れますし、陰に精神的なうつも隠れているのです。
ただ病院を受診しても身体症状を改善するための対症療法しか受けられないために、長期間不快な症状に苦しむ人が多いです。

自律神経失調症の治療は症状やタイプなどによりますが、体と心の両面に働きかける治療と生活環境を整える必要があります。
また体質・性格・ライフスタイルの歪みにも注目して、それらを見直し改善することも大切です。
具体的には、自律訓練法などによるセルフコントロール、薬物療法、カウンセリングなどの心理療法、整体・鍼灸・ストレッチなどの理学療法があります。
音楽療法やアロマテラピーなど五感に働きかける治療法や、自己管理によるライフスタイルの見直しといったものもあるのです。

足立区綾瀬 自律神経失調症なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 肩関節周囲炎

2019-01-08 [記事URL]

肩関節周囲炎の病期における症状とリハビリ

40歳代や50歳代を中心に多発する肩関節に痛みと運動制限をもたらす疾患の総称が肩関節周囲炎ですが、俗に四十肩・五十肩と呼ばれているので、それと同義語的に解釈すると良いです。
そのまま放置していても自然に治ることもありますが、自己判断で放置したり不適切な運動をしたりすると、症状が悪化したり回復が長引いたりするケースがあります。
このように必ず治るとは限りませんし、辛い症状を長期間我慢するのも大変なので、できる限り早期に受診して適切な治療を受けることが大切です。

発症のプロセスについては現段階では明らか担っていませんが、肩周囲の筋肉・腱・靭帯・関節包・滑液包などの組織が、加齢などによって炎症を生じることが要因と考えられています。
発症に伴う主な症状は、肩周囲の痛みと動きの低下で、特に結髪・結滞・更衣などの日常生活動作が障害されますし、就寝時に痛みを生じる夜間痛も特徴です。
肩関節周囲炎の病期は炎症期・拘縮期・回復期の3つに分類されて、それぞれの時期で症状も異なります。
痛みがとても強い時期の炎症期は、明らかなきっかけもなく急速に強い痛みが生じて、多くは安静時痛・夜間痛を伴うのです。
肩周辺の動きが硬くなる時期の拘縮期は、強い痛みは和らぎますが肩の動きが悪くなる拘縮へと移行する時期になります。
また肩を動かした時に痛みを感じたり、動きの悪さから日常生活動作に不自由を感じたりすることも多くみられるのです。
症状が回復してくる時期の回復期は、運動時の痛みや運動制限が次第に改善する時期で、リハビリを積極的に行うことで肩の動きの回復も早くなります。
では、こうした病期を経てどの程度の期間で治るのかというと、患者の状態によって個人差はありますが、約半年~1年程度と言われているのです。
できる限り症状を長引かせないためには、先にも触れましたが早期から1人ひとりの状態に適した治療やリハビリプログラムを行うことが大切になります。

このように患者の状態に合わせたリハビリを実施するためには、患者の姿勢や関節の動き、筋力などを確認して痛みに関連すると思われる問題点を探る必要があるのです。
また、そうして得られた情報を一緒に病期に合ったリハビリプログラムを実施することが肩関節周囲炎改善のポイントになります。
炎症期には、痛みを考慮しながら肩周囲の筋肉や関節包の硬さを防いで、物理療法や肩甲骨の動きを広げる運動、ストレッチなどを少しずつ実施するのです。
拘縮期には、積極的な運動療法で肩関節の動きを広げていくので、個人の仕事やスポーツ特性などに配慮した動作練習やトレーニングを行います。
回復期には、先にも触れましたが積極的な運動療法で肩関節の動きの拡大を目指すために、肩周囲の筋力強化や腕を挙げるための土台となる肩甲骨を安定させるトレーニングなどを実施するのです。
また目標とする活動復帰に向けて、それぞれの特性を踏まえた動作訓練を行いますが、こうしたリハビリは病院以外にも整体や整骨院などの治療院でも受けられます。

足立区綾瀬 肩関節周囲炎なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 めまい耳鳴り難聴

2018-12-27 [記事URL]

めまい耳鳴り難聴は様々な原因で起こります

めまい耳鳴り難聴といった症状に悩まされている方も多くて、めまいで最も多いのが良性発作性頭位めまい症で、回転性の激しいめまいや平衡感覚を失ってふらつくようなめまいの場合もあります。
比較的女性に多く見られる症状で、頭の向きを変えたときに起こりますが、耳鳴りや難聴は伴いませんし受診すればほとんどの人は改善できるのです。
ある時突然耳が聞こえなくなる突発性難聴という症状もあって、耳鳴りや回転性のめまいを伴う人もいますが、難聴の程度は様々で早めに受診すれば聴力の回復が期待できます。
また、演奏家・ミュージシャン・工作機械などを使う人にみられるのが職業性難聴や騒音性難聴で、一種の職業病と考えることができるのです。
それからライフスタイルによるヘッドホン難聴や、歳と共に高い音が聞き取りにくくなる加齢性難聴というのもあります。
加齢性難聴と共に耳鳴りが併発するのは、脳が足りない音を補おうとして、不快に感じた中枢性自律神経ネットワーク(CAN)が興奮することにより脳の中の音が大きくなるためです。
歳だから仕方がないと考えがちですが、趣味や運動などに集中することでCANの興奮を抑えられると耳鳴りの軽減につながります。

こうしためまい耳鳴り難聴は様々な原因で起こりますが、一見関係のなさそうな生活習慣や健康状態が原因になる場合があるのです。
例えば、極端なダイエットで栄養状態が悪くなると、耳管周辺の脂肪が減ることにより開きっぱなしになって、呼吸音や声に過剰に振動するため耳鳴りが起こります。
また、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病により、脳への血流量が不足するとめまいや耳鳴りにつながりますし、自律神経失調症・うつ病・パニック障害の症状としてめまいや耳鳴りが起こることもあるのです。
それから、50歳前後の女性がめまいや耳鳴りに悩むのは、更年期障害の影響が考えられて、ほとんどの場合は更年期が過ぎると自然に解消します。
ただ、更年期は家庭環境の変化や親の介護などが重なりがちな時期で、心身のストレスが不調を加速させている可能性もあるのです。

めまい耳鳴り難聴に悩む若い世代の人も増加傾向にあって、頭痛・肩こり・不眠・倦怠感などの不調を抱えている例も比較的多く見られます。
ただ検査をしても特に異常が見つからないことも多くて、そのような場合はストレスにより自律神経のバランスが乱れることで、めまいや耳鳴りが現れていると考えられるのです。
また自律神経が乱れると血流が悪化して耳の機能が低下して、それにより音を頑張って聞こうとした脳が疲れて耳鳴りにつながります。
ストレスには様々な種類があって、心因性のストレスは不満や不安などが原因になるのです。
身体的なストレスの外的要因は急な寒さや気圧の変化といった気候があって、内的要因としては運動不足や疲労などが挙げられます。
ですから、ストレス対策をすることで症状が改善する可能性があって、その為には規則正しい生活習慣が効果的です。
また、ストレスに打ち勝つ健やかな心身を育むことも大切ですし、整体で自律神経を整えるのも効果的と言えます。

足立区綾瀬 めまい耳鳴り難聴なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 足底筋膜炎

2018-12-16 [記事URL]

大人の踵の痛みは足底筋膜炎か?

踵骨と呼ばれている踵の骨から、足裏の前方まで繋がっている5つの足の底部についた厚みがある強い繊維組織帯のことを足底筋膜と言います。
この足底筋膜は足のアーチを維持して衝撃を吸収する、バランスを支えるなど、歩行時の足の力学に重要な役割を果たしているのです。
ただ継続的に足底筋膜に強い圧力と過度な刺激を与えたり、繰り返し微細損傷を受けたりすると、筋膜を構成するコラーゲンが変性や硬くなり炎症を起こして痛みが生じます。
これが足底筋膜炎と呼ばれるもので、主に足裏の踵部位と土踏まずの間部分に発症して、大人の踵の痛みの代表的な原因疾患として知られているのです。

発症することで起こる典型的な症状としては、安定状態からの動作時や朝起きて最初に足を床に踏み込む時などに、踵や土踏まず部分に刺すような激しい痛みがあります。
また、痛みが酷い場合には足を地面につけることもできないほど痛い場合がありますし、つま先の足の甲側を曲げた時に激しい痛みが現れる場合や踵を指で押すと痛みが生じることもあるのです。
主に踵の内側に痛みが発生して、主にじっとしている時は痛みがないが動き始めると痛みが発生して、一定時間動くと痛みが減少するといった特徴があります。
また踵や土踏まず部分に長い時間立ったり歩いたりする時にも継続的な鈍いうずく痛みが生じたり、立っている時は硬い感じがして仕事が終わる時間が近づくと痛みの程度が酷くなったりする場合もあるのです。
それから足底筋膜炎の症状が長引くと踵の骨の変形と言われる踵骨棘にも繋がります。

足底筋膜炎が発症するのは、足の裏・土踏まずにあるアーチに負荷がかかって、アーチが下がることにより足底筋膜が引っ張られ炎症が生じるのが基本的な原因です。
また足の裏のアーチが低い扁平足と呼ばれるローアーチや、アーチが高いハイアーチのように、構造的に変形がある場合は発生の可能性を高くします。
それから両足の長さが違うことや下腿部の筋肉の構築・弱体化などが発症する原因になることもありますし、足底筋膜の踵の骨付きの部位に骨の破片が飛び出して発生することもあるのです。
ただ、このような解剖学的異常よりも、足の無理な使用が原因で発生する頻度がはるかに高いと言われています。
つまり、普段運動をしていない人が急に激しい運動をしたり、長距離のマラソンやジョギングをしたりする場合、床が硬い場所で足裏に衝撃を与える運動をすることが原因になるのです。
また、肥満の方や長時間の立ち仕事、硬すぎたりクッション性がなかったりする靴の使用、ハイヒールの着用など異常負荷が足底筋膜に加わる環境で起こす場合もあります。

痛みの改善には、何と言っても硬くなった足底筋膜の柔軟性を回復させることで、足底板やインソールを用いた足のアーチを支える治療が基本です。
また痛みが強い場合には、消炎鎮痛剤の内服・外用の使用やステロイド注射などの治療も検討されますが、治療効果は個人差があるので根気よい治療で痛みの軽減する必要があります。
ただ痛みで日常生活が送れない状況が続くと手術が選択されるのです。

足立区綾瀬 足底筋膜炎なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


足立区綾瀬 坐骨神経痛しびれの原因

2018-12-03 [記事URL]

坐骨神経痛しびれの原因となる主な疾患は

腰のあたりから足の爪先まで伸びている坐骨神経は、人体のなかで最も太くて長い末梢神経です。
この坐骨神経が何らかの要因で圧迫されるなどの刺激を受けると、腰・腎部・太もも・ふくらはぎ・足の先などにしびれや痛みが生じます。
このように鋭く電気が走ったような痛みや、ピリビリとしたしびれ、また強く張っている感じなどの症状を引き起こすのが坐骨神経痛です。
ただ症状を引き起こす原因がはっきりと特定できる場合には症状のひとつとして扱われますし、検査をしても原因が見当たらない場合には病名となります。
例えば、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの疾患で症状が起こっている時には、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名になって、坐骨神経痛しびれが症状ということになるのです。
実際、原因の疾患が比較的見つかりやすいために、病名ではなく症状として扱われることが多くて、坐骨神経が圧迫される原因が分からないことによって生じる神経痛を総称して坐骨神経痛と言います。

坐骨神経痛しびれの原因となる主な疾患としては、腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・変形性腰椎症などがあります。
腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨を構成する椎体と椎体の間で、クッションの働きをする椎間板という軟骨が、はみだしたり飛びだしたりして神経を圧迫する疾患です。
中腰や前かがみなど同じ姿勢を長時間続けたり、急に重たいものを持ち上げたりすることで発症する危険性があります。
腰部脊柱管狭窄症とは、背骨の中央にあって馬尾神経が通っている脊柱管が狭くなる疾患で発症するのです。
発症すると馬尾神経が圧迫されるので、腰の痛みや足のしびれなどの症状を引き起こします。
ちなみに、先天的な原因の場合もありますが、多くは加齢で腰椎が変化して脊柱管が狭くなってしまうために起こるのです。
変形性腰椎症とは、腰椎の形が変形して神経を圧迫して腰に痛みや足のしびれを引き起こす疾患で、加齢・同じ姿勢を長時間続ける・運動などで腰に過度の負担をかけることが原因としてあげられます。
また、脊柱管狭窄・腰椎分離症やすべり症・梨状筋症候群・外傷による圧迫・帯状疱疹・カリエス・腫瘍・糖尿病・アルコール依存症・喫煙・ストレスなども原因としてあるのです。

坐骨神経痛しびれを改善するには、なるべく重いものをもたない、長時間同じ姿勢をとらない、激しい運動はさける、肥満を改善するなどがあります。
また、安静にする、腰周辺の筋力をつけるなども改善対策としてあげられますし、ホットパックを利用したり温浴したりして患部を温めると痛みが和らぐこともあるのです。
ただ原因となる疾患で改善法は違いますし、間違った改善法で悪化する危険性もあって、悪化すると歩行が困難になる、座っていられない、排泄障害など重篤な症状を引き起こすものもあります。
ですから、原因を正しく早期発見して治療することがとても大切です。
また激しく痛む、安静にしていても痛い、日々痛みが増してくる、発症から1週間以上経っても痛みやしびれが続く、下肢に力が入らないなどといった症状がみられる時は、病院を受診して検査をしてもらいましょう。

足立区綾瀬 坐骨神経痛しびれの原因なら、「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」にお任せください。
※あくまで健康情報であり、内容について保証するものではありません。


綾瀬駅の整体「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」の地図

詳細な住所はこちらのようになっております

田中カイロプラクティックセンター

【住所】 〒120-0005
東京都足立区綾瀬1-30-10 綾瀬優和レジデンス102号
千代田線綾瀬駅西口より徒歩5分
【受付時間】 平日10:00~20:00
土曜10:00~16:00
時間外も対応致します!
【定休日】 日曜・祝日
【責任者】 田中 晶


大きな地図で見る

【ご予約・お問い合わせ】
電話番号03-3690-7203
インターネット限定割引
メールでのお問い合わせ

ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」で1日3名様に限り、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

田中カイロプラクティックセンターの高いレベルの施術を体験して頂きたいという想いから、自費初検料3,000円を0円とさせて頂きます。この機会に是非一度体験して下さい。

※通常の施術料金はかかります。
※初めてご利用の方1回のみです。

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話をかけている女性

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」へのお電話はこちら

住所 〒120-0005 東京都足立区綾瀬1-30-10 綾瀬優和レジデンス102号
電話番号 03-3690-7203
受付時間 平日10:00~20:00
土曜10:00~16:00
時間外も対応致します!
定休日 日曜・祝日
最寄駅 千代田線綾瀬駅西口より徒歩5分

PAGE TOP



綾瀬駅 整体
「田中カイロプラクティックセンター綾瀬整体院」

住所:〒120-0005
東京都足立区綾瀬1-30-10
綾瀬優和レジデンス102号

03-3690-7203




MENU

MAIL

TEL
HOME